vivo X FoldがAndroid 12LのGalaxy Z Fold 3に劣らない使い勝手で最高

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日は今のところAndroid 12Lが降ってくる気配のないvivo X Foldの使い勝手がGalaxy Z Fold 3に負けていない話をしたいと思います。

総合力最強なフォルダブルスマホの実力は伊達ではありません。

目次

vivo X Foldはアップデートがマジで来ない

2022.9.11現在のOS

vivo X Foldを購入してから約1ヶ月が経ち端末としての完成度の高さに満足しているものの、OSアップデートがこなさすぎることが玉に瑕。

X80 Proがこの1ヶ月で2回程度更新が来ていたのに対してX Foldは0回。

昨年発売されたvivo X70 Pro+が今だにAndroid 11であることを考えるとvivoのOSアップデートサポートには全く期待できません。

その点はメジャーアップデート3回が保証されているGalaxy Z Foldシリーズと比較すると見劣りするポイントです。

X FoldもAndroid 12L並のマルチタスク性能

vivo X Foldのマルチタスクも優秀

3本指で上にスワイプすると
画面分割できる

vivo X FoldにAndroid 12Lが降ってくるのかはわかりませんが、Android 12ベースのOriginOS Oceanもなかなか優秀です。

アプリを起動した状態で三本指で上にスワイプすると画面分割ができます。

さらにChromeを動かすと
フローティングウインドウに

また、画面分割だけでなくフローティングウィンドウにも対応しています。

フローティングウィンドウのウィンドウサイズの変更もできました。

さらに画面分割も可能
フローティングウインドウの最小化もできる

さらに、フローティングウィンドウを表示した状態でさらにアプリを起動することもできますし、フローティングウィンドウを最小化することもできます。

フローティングウィンドウはすべてのアプリが対応しているわけではありませんが、特に支障はありません。

軽く使ったところではYoutubeやTwitterがフローティングウィンドウに非対応でした。

Galaxy Z Fold 3のAndroid 12Lとの違い

タスクバーがある
最大3つのアプリでの画面分割+フローティングウィンドウ

vivo X FoldにはないGalaxy Z Fold 3のAndroid 12Lの機能はタスクバーの有無ぐらいです。

画面分割できるアプリの数や分割アプリの表示サイズの変更はvivo X Foldではできませんが、Android 12時点でのGalaxy Z Fold 3でもできていたのでAndroid 12Lの違いではありませんでした。

私の使い方ではvivo X FoldにAndroid 12Lが降ってこなくても問題なさそうですね。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次