私が愛用しているおすすめカー用品集〜快適な車内空間を〜

こんにちは、Yotchanです。

本日は車移動の営業職の私が毎日の車内での時間を快適にするために導入しているガジェット類を紹介したいと思います。

車内で快適に過ごしたい!

私は毎日車で得意先を回る営業職として平日は大阪市内のあちこちを走り回っています。

平日はもはや自宅と起きている中で過ごしている時間は変わらないレベルなので、少しでも車内で快適に過ごすことはQOLに直結すると言っても過言ではありません。

待機時間が多い職業なので尚更ですよね。

そこで、本日は私が2年間で構築した車内快適環境を共有したいと思います。

電源系

まずガジェットオタクと切っても切れない電源系の製品を紹介したいと思います。

これがなかったら何も動きません。

CHGeek シガーソケット

私が車のシガーソケットに直挿ししている、いわば電気の源となる製品がこちらです。

製品の説明

cHGeek多機能カーチャージャー-CH08

2連ソケットシガレットライター+急速充電3.0+スマート2.4A USBポート

ご注意

*電力80W(MAX)、このワット数を超えるデバイスを接続しないでください。

*12V~24Vの電圧に対応していますので、その以外の車を試用しないでください。

*急速充電3.0ポートは急速充電をサポートしているデバイスのみ使用可能。その以外のデバイスは普通の速度で充電することができます。

*一方、高品質の高速充電USBケーブルを使用する必要があります。

この製品の特徴は2連ソケットに増設しつつQC3.0とUSBポートをそれぞれ一基ずつ搭載している点にあります。

特にQC3.0に対応しているので車内で高速ワイヤレス充電を行う際に便利な製品です。

購入から2年以上が経ちましたが、問題なく今でも働いてくれているのでおすすめです。

Otium カーチャージャー

Otium カーチャージャーはAmazonにて販売されているシガーソケットの分配器です。

この製品単体だけであっても以下の3ポートを備えているので普通の人であれば十分に実用可能です。

  • QC3.0
  • 2.4A USB-A
  • USB-C

先述のCHGeek シガーソケットも使い勝手がいい製品でしたが、最大出力が80Wということで充電する機器の多い私には少し物足りないスペックとなっていました。

そのため、私がこの製品を購入した最大の理由は15A・150Wに対応していることが挙げられます。

こちらの製品に乗り換えたことで電圧不足が解消されたので車内で色々な機材を利用する人には良い選択肢と言えます。

BESTEK カーインバーター 3c00W

こちらの製品はシガーソケットを100WのACコンセント2つに変換してくれる製品です。

車内でパソコンを充電する際に重宝していましたが、後に購入したPD対応のモバイルバッテリーにリプレイスしたことで使用をやめました。

こちらの製品も購入から2年経ちましたが、問題なく使用できているので耐久性はレビュー以上にあると個人的には思っています。

ANKER「PowerCore+ 26800PD」

PowerCore+ 26800PDはANKERから発売されている大容量モバイルバッテリーです。

モバイルバッテリーでありながら60W出力のPD規格に対応で外出先でもMacBook Pro15やWindowsノートパソコンの充電ができる最強の製品です。

大きさは流石に重く、大きいですが車載しておく分には全く影響はありません。

インバーターでは車のヒューズが飛ぶ可能性も否めないので極力車への負荷を下げるべく私はモバイルバッテリーに移行しました。

LinkOn 112W USB-C カーチャージャー

LinkOn 112W USB-C カーチャージャーはAmazonにて販売されていた90W PDおよび18W QC3.0を各1ポート搭載した究極のカーチャージャーです。

私が購入した製品が最後の一つだったのか、現在Amazonの商品ページからは消えてしまった幻のシガーソケット。

その特徴はなんといってもやはりカーチャージャーでありながら90Wという高出力を実現している点にあります。

60W PDのカーチャージャーは何製品か見かけることはありますが、90W出力の製品は他に見たことがありません。

一般的なパソコンであれば60W出力があれば十分ですが、MacBook Pro 15/16のようにハイスペックなラップトップともなると60Wでは心許ありません。

頻度こそ多くはありませんが、車内でMacBook Pro 15を用いてSteamゲームをプレイすることのある私は車内での電源問題に悩まされていたので購入することにしました。

Qiワイヤレス充電 スマホホルダー

こちらは私が愛用しているスマホホルダー兼ワイヤレス充電器です。

CHGeek シガーソケットのQC3.0ポートに接続することで急速ワイヤレス充電を車内で行うことができます。

これで社用iPhoneや私用スマホの充電を忘れても焦る必要は全くなくなりました。

一つ設置しておくと便利でおすすめな製品です。

タブレットホルダー

Nikatto【進化版】車載ホルダー

こちらの製品はカーナビ(iPad mini )以外のiPadで利用しようと購入したタブレットホルダーです。

吸盤の粘着力が弱いのか、iPad Pro 9.7装着時には走行中にホルダーごと落ちてしまったので吸盤サポートアダプターと併用しています。

iPhoneであれば問題なくホールドしてくれるのでどちらかというとスマホホルダーとして扱う方が無難かもしれません。

SmartTap iPad mini 専用

数多く販売されているタブレットホルダーの中で私は最もこの製品を信頼しています。

その理由は非常に吸盤の粘着力が強いことが挙げられます。

私がこの製品を購入してから2年の間に車の入れ替えをしたので一度剥がして貼り直していますが、全く剥がれることなく今も使用が可能です。

安物の製品では車の振動ですぐに吸盤が剥がれてしまうので、やはり高いだけはあります。

個人的にはイチオシのタブレットホルダーです。

オーディオ

Bose SoundLink Revolve

高音質なスピーカーやヘッドホンで有名なBoseから販売されているBluetoothスピーカーです。

SoundLink Revolveはその小柄なボディとは裏腹に迫力のある音を奏でてくれる優秀なスピーカーです。

室内や屋外でも十分に活躍することのできる製品ですが、私はこのスピーカーを車内で愛用しています。

ドライブ中の音楽や休憩中の動画鑑賞の質を高めてくれる個人的にはマストなアイテムです。

Amazon Echo Dot

私が運転中に音楽を聞く際に利用している製品がAmazon Echo Dotです。

ハンズフリーで再生・停止や音量の調節、音楽の指定ができるので実はドライブに最適なスマートスピーカーです。

現行の第三世代 Echo Dotでは残念ながらUSB電源では無くなったのでかーインバーターが必要となりますが、興味のある方は一度検討する価値のある製品であるといえます。

その他

Joyhouse JP H16 recorder

6000円程度と低価格ながら車の挙動も最低限は捉えてくれるという入門機におすすめのドライブレコーダーです。

リアの画質は荒いですが、フロントは十分なのでドライブレコーダーをとりあえずつけておきたいというニーズは満たされている製品。

今のご時世はつけておかないリスクの方が高いので間に合わせの一台にいかがでしょうか。

ワンタっちゃブル

車内でパソコン作業をするなら必須のハンドル取りつけ型のテーブルは非常に便利でおすすめです。

膝上での作業が困難なキックスタンド式のPCでもワンタっちゃブルに乗せてハンドルにもたれかけさせれば問題なく利用できるので作業効率も向上します。

また、パソコン作業以外でもお弁当を食べる際にも有用なので車に乗る時間が長い人は勝手おいて損はない製品です。

モバイルルーター 801HW

Amazon Echo Dotでの音楽再生や、iPad miniでのカーナビ運用に用いているモバイルルーターは801HWです。

Softbank系の大容量SIMを契約してポケットWiFi化することで車内でできることの幅は大きく広がります。

車内でのネットワーク構築にお悩みの方は検討してみてもいいかもしれません。

プラズマクラスター

車内はどうしても汗やエアコンの嫌な匂いで満たされがち。

そこで導入した製品が車載用のプラズマクラスターです。

効果があるのかどうかはさておき、おかげさまで?車内に嫌な匂いが充満していることはありません。

タバコを吸う人は必須なのではないでしょうか。

Tomboy 極 -KIWAMI

毎日の運転の積み重ねか、腰とお尻の痛みに悩まされ始めたので奮発した製品がこちらの「Tomboy 極 -KIWAMI」シリーズです。

合計すると12000円ぐらいもする非常に高価なクッションですが、その価値はありました。

最近よく見かけるハニカム構造のゲルクッションよりも遥かに分厚く、低反発なので座り心地は抜群。

腰にも優しくフィットするので導入前と比べてかなり楽になりました。

是非ともセットで購入していただきたい製品です。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを