AppleCare+は必要?〜未加入で修理代金7万円を払った筆者が各Apple製品ごとに解説〜

こんにちは、Yotchanです。

本日はiPhone XS Maxの修理代に7万円払ったからこそわかるAppleCareが必要な製品を紹介していきたいと思います。

iPhone XS Max水没の悲劇

みなさんはApple製品の有償修理を経験したことがあるでしょうか?

ほとんどの方は経験がないのではないでしょうか。

かくいう私も6年間で一回しかありません。

その一回が非常に高額であったため、それ以降端末を購入する際にはApple Care+をつけるようにしています。

年々本体価格が高額になっているiPhoneは修理代金も高額なので使用頻度が高い分加入することをオススメします。

本当に・・・。

税込にすると7万円の出費になりました・・・。

AppleCare+とは

AppleCare+ for iPhoneでは、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、1回につき下記のサービス料で2回まで受けることができます。さらに、エクスプレス交換サービスを利用したり2、Appleの専任スペシャリストにチャットまたは電話で優先的に問い合わせることもできます3

https://www.apple.com/jp/support/products/iphone/

AppleCare +はApple製品の故障に対する修理料金を一定期間割引して提供するサービスです。

上記引用はiPhone用のプランから抜粋しましたが、その他の多くのApple製品でも対応のプランが用意されています。

Apple DisplayやHomepodにまでプランがあるとは思いませんでした。

実はApple製品には購入から1年間限定保証というサービスがあるのでCare+の必要性を感じない人が多いのではないかと思います。

結構Care+の料金は高いですしね。

しかし、この1年間限定保証が思っているほど対象になる事例が少ないことを皆さんはご存知でしょうか。

本保証は、以下に対しては適用されません。

(a) バッテリーなどの消耗部品または経時的に劣化が当然予測される保護コーティング (損害が材質および製造上の瑕疵に起因する場合はこの限りではありません)。

(b) 傷、へこみ、ポート部分のプラスチックの破損を含むがこれに限定されない、外観上の損傷 (損害が材質および製造上の瑕疵に起因する場合はこの限りではありません)。

(c) Apple の製品仕様に適合しないサードパーティのコンポーネントまたは製品との併用に起因する損害 (Apple 製品の仕様は www.apple.com の各製品の技術仕様のページで、またはストアで確認可能です)。

(d) 事故、不適切な取り扱い、誤用、火事、液体接触、地震またはその他の外的要因による損傷。

(e) Apple が発行するガイドラインの範囲を超えた Apple 製品の操作に起因する損傷。

(f) Apple の代理店、または Apple 正規サービスプロバイダ (以下、「AASP」といいます) 以外によって実施されたサービス (アップグレード、拡張など) に起因する損傷。

(g) Apple からの書面による許可なく機能または性能を変更するために改造された Apple 製品。

(h) 通常の摩耗、または通常の経年劣化に起因する故障。

(i) シリアル番号が削除されている、または判読できない Apple 製品。

(j) 当該製品が盗難品であるという情報を Apple が関連する公的機関から入手した場合、またはお客様がパスコードなどの、Apple 製品に対する不正アクセス防止用のセキュリティ対策を解除できず、いかなる手段 (購入証明書の提示など) によっても製品の正当な使用者であることを証明できない場合。

https://www.apple.com/jp/legal/warranty/products/ios-warranty-japanese.html

要は製造上の問題でない限り無償修理の対象となる可能性はほとんどないということ。

私がiPhone XS Maxで高額な修理代を払うこととなったFace IDモジュールの水没による動作不良は当然保証の対象外。

水に落としたことなかったんですけどね・・・。

そのため、画面を割ったりなにかしらの不具合が起こることが心配な人はApple Care+に加入することが無難といえます。

しかし、全てのApple製品が加入する必要があるかと言われればそうではありません。

そこで、本日はメジャーな製品のApple Care+の内容を確認して加入する必要があるか考えていきたいと思います。

AppleCare+ for iPhone

AppleCare+ for iPhoneでは、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを1年間に2回まで、1回につき下記のサービス料で受けられます2。さらに、エクスプレス交換サービスを利用したり3、Appleの専任スペシャリストにチャットまたは電話で優先的に問い合わせることもできます4

・画面の損傷:3,700円(税込)

・過失や事故によるそのほかの損傷:12,900円(税込)

・盗難または紛失:12,900円(税込)

https://www.apple.com/jp/support/products/iphone/

まずはiPhoneのAppleCare+の内容を確認していきたいと思います。

iPhoneで最も起こりやすい故障は画面の損傷とFace IDの動作不良です。

最近のiPhoneのAppleCare+非加入での画面交換料金は上記の通りとなっています。

有機ELディスプレイかつ大画面モデルになればなるほど修理料金は高額になります。

いずれのモデルにおいてもAppleCare+に加入していれば3700円で修理可能なので入っていて損はないと言えるでしょう。

画面を破壊するリスクは誰にでもあります。

それ以外にも私が経験したようなFace IDモジュールの水没などにおいては画面損傷以上にAppleCare+の恩恵は大きいです。

AppleCare+非加入では税込で7万円の修理代金がかかりますが、加入していれば税込1.4万円程度で済みます。

iPhone SEのようにそもそもの修理料金が安いモデルでは加入していなくても傷は浅いですが、金額が高いモデルでは大打撃どころの話ではありません。

エクスプレス交換サービスは AppleCare+ の特典の一つで、新品または新品同様の iPhone (これを “交換機” といいます) を宅配便でいち早くお届けし、その場でお客様の iPhone と交換させていただく便利なサービスです。 

AppleCare+ にご加入のお客様がこのサービスをご利用になる場合、エクスプレスサービス自体には料金がかかりません。ただし、場合によっては交換機に関する料金がかかることがあります。 

Apple 製品限定保証AppleCare+、または消費者法の対象となる不具合や損傷については、交換機に関する料金はかかりません。過失や事故による損傷がある場合は、12900円の AppleCare+ サービス料がかかります。

https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/service/express-replacement

また、AppleCare+にはエクスプレス交換サービスという神サービスが付属しています。

簡単にまとめるとAppleCare+の期間内であれば過失や事故による損傷がない場合は無料で新品同様品と本体交換をしてもらえるというサービスです。

iPhoneを2年使ってエクスプレス交換で新品に交換すれば高値で売却できるのでiPhoneのリセールバリューを高めるために加入すべきサービスと言えます。

  • iPhone11 Pro :22800円
  • iPhone 11 : 16800円
  • iPhone SE2:8800円

各モデルにおけるAppleCare+の加入料金は上記の通りです。

これだけ手厚い補償を受けることができるので修理価格が高額なiPhone 11 Proシリーズは必須です。

個人的にはFace IDは故障リスクが比較的高いパーツなのでiPhone 11でも加入をオススメします。

元の価格の安いSEは最悪買い換えればいいので勿体無いと思う人は加入しなくても大きなダメージはないでしょう。

AppleCare+ for iPad

すべてのiPadには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証90日間の無償テクニカルサポートがついています。AppleCare+に加入すると、iPad、Apple Pencil、Apple製iPad用キーボードの保証とサポートがAppleCare+の購入日から延長されます。さらに、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、1回につきiPadは4,400円(税込)、Apple PencilまたはApple製iPad用キーボードは3,700円(税込)のサービス料で、1年間に2回まで受けられます1。Appleの専任スペシャリストにチャットまたは電話で優先的に問い合わせることもできます。

https://www.apple.com/jp/support/products/ipad/

iPad向けのAppleCare+はiPhoneと比較すると非常にシンプルな内容となっています。

iPhoneとは違ってモデルを問わずあらゆる修理サービスが税込4400円で行われます。

また、iPadだけでなApple PencilやMagic Keyboardといった周辺機器も3700円で修理できるのでこれらの機器を多用する人は是非とも入っておきたいサービスです。

また、iPhone同様にエクスプレス交換サービスもあるので新品交換後に売却すればリセールバリューを高めることができるので安心です。

iPhoneと違ってiPadを故障させる人が少ないからかモデル問わずに安価な修理料金とあって非常に良心的なサービスと言えるでしょう。

iPad Proでは14800円、無印iPadでは8400円という価格設定になっています。

iPad Proでは画面に少しヒビが入っただけでもAppleCare+に未加入であれば12.9インチモデルであれば69800円の費用が発生します。

そのため、iPad Proユーザーは迷うことなく加入することをオススメします。

その他のiPadにおいても一律で新品の本体の金額に近い修理料金が発生するので、外に持ち運ぶ頻度の高い方は加入しておいた方が無難であると言えるでしょう。

外に持ち歩かなくても小さい子供がいる家庭では水没のリスクとは隣り合わせなので個々の使用環境に応じてご検討ください。

AppleCare+ for Mac

すべてのMacには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証90日間の無償テクニカルサポートがついています。AppleCare+ for Macに加入すると、保証とサポートがAppleCare+の購入日から3年間に延長されます。さらに、過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを、1回につき画面または外部筐体の損傷は12,900円(税込)そのほかの損傷は37,100円(税込)のサービス料で、1年間に2回まで受けられます1。Appleの専任スペシャリストにチャットまたは電話で優先的に問い合わせることもできます2

https://www.apple.com/jp/support/products/mac/

AppleCare+ for MacにはiPhoneやiPadのAppleCare+とはかなりサービス内容が違うプランとなっています。

保証期間が2年ではなく3年でエクスプレス交換はありません。

また、Macには修理料金表がなく全て見積もりでの修理であるためAppleCare+の修理料金がお得なのかもいまいち分かりづらいということが挙げられます。

  • MacBook Pro 16:35800円
  • MacBook Pro 13:25800円
  • MacBook Air:23800円
  • iMacシリーズ:20800円
  • Mac mini :10800円

各モデルにおけるAppleCare+の加入料金はこのようになっています。

Mac ProやiMac Proを購入するユーザーは気にせず加入するだけの財力があると思うので今回は記載していません。

これだけ見ても分かりづらいですね。

Mac mini程度であれば保証を使わなくても痛くありませんが、MacBook Pro16で使わないのは痛いです。

Macはスペックをカスタマイズできる分予算限界までスペックを向上させるか、万一のリスクを考慮してAppleCare+に加入するか判断に悩むところです。

私はMacBook Pro15を愛用していますが、AppleCare+には加入していません。

理由としては15インチという大きくて重いMacBookを持ち運ぶ機会がほとんどないからです。

日常的に屋外で利用するユーザーは加入しておくと良いかもしれませんね。

AppleCare+ for Apple Watch

Apple WatchのAppleCare+はSeries3ユーザー以外は加入必須であると私は考えています。

その理由としてはApple Watchはバッテリーが劣化したら日常生活に支障が生じるからです。

Apple Watch自体はiPhoneなどと比較すると世代が変わっても特に目新しい変化はありません。

バッテリーさえ持てば買い替える必要がない人の方が多いのではないでしょうか。

  • Apple Watch Series4:心電図搭載
  • Apple Watch Series5:常時表示ディスプレイ
  • Apple Watch Series6:血中酸素濃度

直近のApple Watchでいうとそれぞれのモデルの新機能搭載はこのような内容になっています。

S4→S5の常時表示ディスプレイは多いな変化と言えますが、S5→S6での血中酸素濃度測定機能は必要な人は少数でしょう。

S4〜S6に搭載されているチップの処理速度はそこまで変わらない(省電力性能は変わりますが)ことを考えると2年周期で買い替える必要もないというのが私の持論。

そうなるとApple Watch購入時にAppleCare+に加入して2年目でエクスプレス交換をして1つのApple Watchを4年間使って機種変更するという運用がベストな気がします。

Apple WatchにおけるApple Care+の保証内容はモデルによって異なります。

Apple WatchとNikeエディションでは2年間、チタニウムなどのEditoinやHermesモデルでは3年間の間AppleCare+のサービスを受けることができます。

それぞれのモデルにおけるAppleCare+非加入時における修理料金は以下のようになっています。

サファイアガラスを採用していないアルミモデルは画面に傷がつきやすいので長く使うのであればAppleCare+には加入しておくと後悔はないでしょう。

ちなみにですが私がSeries3でAppleCare+に加入しないでいいと考える理由は今後2年以上使う価値はないと考えているからです。

S4〜6と比較するとアプリの立ち上げが2倍以上遅いので長く使うモデルではないです。

AppleCare+ for Headphones

AppleCare+ for HeadphonesはAirPodsユーザーは加入必須のサービスです。

その理由としては完全ワイヤレスイヤホンはバッテリーが劣化すると使い物にならないことが挙げられます。

Apple 製品限定保証では、バッテリーの欠陥は保証対象ですが、通常使用による劣化は保証対象外です。

バッテリーに製造上の問題があり、それが製品限定保証または AppleCare+ の保証対象である場合は、無償でバッテリサービスを受けられます。バッテリーの問題が保証対象外である場合は、有償でバッテリーサービスを承ります。

AppleCare+ for Headphones にご加入で、AirPod または充電ケースのバッテリーの蓄電容量が本来の 80 パーセント未満に低下した場合は、無償でバッテリーサービスを受けられます。

https://support.apple.com/ja-jp/airpods/repair/service

AppleCare+に加入していればバッテリー容量が80%未満になった場合においてはバッテリーを無償で交換してもらうことができます。

AppleCare+に加入していなければ全て交換すると新しい物を変えるレベルの出費になるので加入して損はありません

AppleCare+の加入料金もたったの3400円と安価なので加入することをオススメします。

まとめ

以上がApple製品ごとのAppleCareの保証内容でした。

なかなか細かく保証内容を見ることがないので参考になった人も多いのではないでしょうか。

最後に、AppleCareに加入が必須なものとそうでないものをまとめて締めたいと思います。

加入が必要なApple製品

  • Air Pods , Beats製品
  • Apple Watch

ケースバイケースで加入なApple製品

  • iPhone
  • iPad
  • Mac

ケースバイケースなプランに関しては加入した方がメリットになるのかをしっかりと考えることをオススメします。

合わせて読みたい記事

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE

Gadget Nyaa

手軽に少し、ハイテクな暮らしを