Apple Pencil 第2世代を失くした話-紛失する前に行なっておきたい対策

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はいつかやらかすと思っていましたがApple Pencil第2世代をついに紛失してしまった話をしたいと思います。

合わせて備忘録として失くさないために有効な対策を紹介します。

目次

Apple Pencilを紛失

2019年に購入したiPad Pro 11と同時に購入したApple Pencil 第2世代を先日、ついに紛失してしまいました。

失くしてしまった最大の原因は複数台のiPadで1本のApple Pencilを使い回していたことからApple Pencilのホールド性よりも機動性を重視してしまっていたことにあります。

第2世代Apple Pencilが利用できるiPadが一台しかなかった時代には紛失対策としてApple Pencilのホルダーがついているケースを利用していました。

しかし、現在では対応している機種が手元に4台もあることから基本的に手に持っているiPadの横にくっつけているだけの雑な管理になっており、それが原因でどこかでApple PencilがiPad本体から外れてロストしてしまったものと思われます。

今となっては後悔しかありません。

Apple Pencilは「探す」アプリに非対応

Apple製品ユーザーは紛失しても頼もしい味方「探す」アプリがありますが、なんとApple Pencilは非対応ということで利用することはできませんでした。

AirPodsよりも先にApple Pencilに対応してくれ・・・。

次世代のApple Pencilは間違いなく「探す」アプリに対応してくると思うので発売されたら絶対に買い替えます。

やっておきたいApple Pencilの紛失対策

ケースにちゃんとホルダーを装着する

Apple Pencilを紛失しないための対策は大きく分けて二つあります。

そのうちの一つ目がApple Pencilのホルダーをケースに装着することです。

私は取り回しの良さからApple純正のSmart Folioを愛用していましたが多少のデザイン性の低下には目を瞑ることにします。

15000円のApple Pencilの買い替えはそれほど辛い出来事でした。

「Wunderfind」アプリをインストールする

Apple Pencilを紛失した際に「探す」アプリはなんの役にも立ちませんが、「Wunderfind」というアプリであれば探すことができるそうです。

しかし、このアプリでは事前に登録しているデバイスしか探すことができないので私のように紛失した後ではなんの役にも立ちません。

次のApple Pencilが届いたら真っ先にこのアプリと紐づけることを誓っています。

読者の皆様もなくす前にこのアプリを導入するかホルダーを導入することを強くオススメします。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる