[比較レビュー]Apple TV 4KとApple TV HDはどっちを買うべき?ー新品で買うなら4K一択

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はApple TV HDとApple TV 4Kのどちらを購入すべきか比較レビューしていきたいと思います。

NETFLIXの契約プランによってはApple TV 4Kは宝の持ち腐れになる点を理解した上で検討すると良いかもしれません。

目次

Apple TV 4KとApple TV HDのスペックの違い

Apple TV 4K 第2世代Apple TV HDApple TV 4K 第1世代
モデルA2169A1625A1842
発売年2021年2015年2017年
CPUA12 BionicA8A10X Fusion
HDMIHDMI2.1HDMI 1.4HDMI2.0a
RAM3GB2GB3GB
WiFiWiFi6WiFi5WiFi5
Bluetooth5.04.05.0
Ethernetギガビット10/100BASE-Tギガビット
再生品質4K SDR 60fps
4K HDR 60fps
4K DOLBY VISION 60fps
フルHD(1080p, 60fps)4K SDR 60fps
4K HDR 30fps
4K DOLBY VISION 30fps
Youtube再生品質4K SDR 60fps
4K HDR 60fps
フルHD(1080p, 60fps)4K SDR 30fps
空間オーディオ対応非対応対応
eARC対応非対応非対応
リモコンSiri Remote 第2世代Siri Remote 第2世代Siri Remote 第1世代
価格(税込)32GB:21800円
64GB:23800円
32GB:17800円終売

まず初めに、Apple TV 4K第1世代(A1842)及び第2世代(A2169)とApple TV HD(A1625)のスペックを上表に簡単にまとめました。

結論から言うと現在Apple Storeで販売されているApple TV HDとApple TV 4K(第2世代)は圧倒的なスペックの差にも関わらず4000円しか価格が変わらないので今からApple TV HDを新品で購入する価値はありません。

今は4Kテレビやディスプレイを持っていなくてもいずれ月日が経てば購入することになるのでApple TV HDを買う理由が中古で安い個体がある以外のケースではApple TV4Kの購入を推奨します。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

Apple TV 4KとApple TV HDの外観の違い

左から順にApple TV HD、4K第1世代、4K第2世代

Apple TV 4KとApple TV HDの外観上の違いはほとんどありません。

正面から見る分には全く同じ。

左から順にApple TV HD、4K第1世代、4K第2世代

裏面についてはApple TV 4Kでのみ排熱口が設けられています。

4Kの映像出力は負荷のかかる作業なので熱を逃さねば処理性能が落ちてしますのでしょう。

下から順にApple TV HD、4K第1世代、4K第2世代

ポート類についてはApple TV HDでのみ復旧用のUSB-C端子がある以外はLAN端子や電源ケーブル、HDMI端子の配置も変わりません。

端子の外観が同じとは言ってもそれぞれ規格が異なるので性能はまるで違います。

Apple TVに搭載されているCPUとRAM(メモリ)容量の違い

Apple TV 4K 第2世代Apple TV HDApple TV 4K 第1世代
CPUA12 BionicA8A10X Fusion
RAM3GB2GB3GB

Apple TV 4KとApple TV HDに搭載されているCPUとRAM容量の違いは上表の通りです。

Apple TV HDに搭載されているA8といえばiPhone 6やiPad mini 4で採用されていたチップなので現代ではかなり非力ではありますがフルHD画質の動画を再生する分には何の支障もありません。

Apple TV HDはチップが古いですがその分出力できる画質も高くはないので動作のレスポンスは快適です。

Apple TV HDと4KのHDMIの規格の違い

Apple TV 4K 第2世代Apple TV HDApple TV 4K 第1世代
HDMIHDMI2.1HDMI 1.4HDMI 2.0
eARC対応非対応非対応
再生品質4K SDR 60fps
4K HDR 60fps
4K DOLBY VISION 60fps
フルHD(1080p, 60fps)4K SDR 60fps
4K HDR 30fps
4K DOLBY VISION 30fps

Apple TV HDとApple TV 4Kの各世代におけるHDMIの規格は上表の通りで、HDMIの規格の違いによってテレビやモニターに出力できる画質やeARCへの対応状況が異なります。

eARCとはなんぞやと興味のある方は以下の記事にて解説済みですのでご一読ください。

Apple TV HDとApple TV 4KのWiFiやBluetoothの規格の違い

Apple TV 4K 第2世代Apple TV HDApple TV 4K 第1世代
WiFiWiFi6WiFi5WiFi5
Bluetooth5.04.05.0
Ethernetギガビット10/100BASE-Tギガビット

Apple TVの通信周りの規格と当然、世代が新しくなるにつれて優れたものへと進化し続けています。

とは言っても何よりも重要なのは家庭の回線品質なので個人的にはあまり気にしすぎる必要はないと考えています。

実際にApple TV HDとApple TV 4Kの各世代を利用した体感として世代が新しい方が通信規格だけでなくCPUの処理性能も関係しているのか低速時でもネット接続の安定性が高い印象はあるので回線品質に不安のある方は最新のApple TVがオススメです。

Apple TV HDのデメリットは画質と空間オーディオへ非対応なこと

Apple TV HDの購入を検討している人は画質面については承知していると思うので、あまり知られていないApple TV HDのデメリットである空間オーディオへ非対応という事実について簡単に紹介します。

空間オーディオが発表されてから一年近くが経過した現在では利用できるアプリの幅が広がっています。

例えば、NETFLIXのコンテンツやYoutube、Prime Videoも空間オーディオに対応していますがApple TVで空間オーディオに対応しているのはApple TV 4Kのみです。

NETFLIXはフルHDまでしか再生できないプランを契約している人が多いと思うので画質面ではApple TV HDでも問題ないでしょう。

しかし、空間オーディオでコンテンツを視聴することはできないので体験の質は画質以上にApple TV 4Kとの差が大きいです。

空間オーディオを適用すると聞こえる音が映画館のようなサラウンドになるのでコンテンツへの没入感が違うので本当にApple TV 4Kを購入することをオススメします。

中古価格でもApple TV 4K第一世代とApple TV HDは4000円ぐらいしかないので買うべきはApple TV 4Kです。

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる