【レビュー】狭いカフェのテーブルでも使える13.3インチWQHD+モバイルモニター『JN-MD-IPS133WQHDP』が最高です!【PR】

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はJAPANNEXT様より貸与いただき、13.3インチWQHD+解像度のモバイルモニター『JN-MD-IPS133WQHDP』を使用する機会を頂戴したので紹介したいと思います。

縦置きにも対応しているコンパクトなモバイルモニターなのでデスクが狭いカフェでの利用にも最適です。

目次

『JN-MD-IPS133WQHDP』の仕様

『JN-MD-IPS133WQHDP』は13.3インチのコンパクトなモバイルモニターでありながらWQHD+の高解像度に対応している製品です。

FHD解像度が主流なモバイルモニター市場の中でスペックの高さが光ります。

また、フリッカーやブルーライトの軽減機能やゲームモードも搭載されています。

パソコンだけでなくスマホやタブレットでも利用しやすいモバイルモニターです。

『JN-MD-IPS133WQHDP』の体験レビュー!

外観と付属品

『JN-MD-IPS133WQHDP』のパッケージ内容はこちらで全てです。

USB-CのACアダプターとケーブル
HDMI to miniHDMI

各種ケーブルが同梱されているため追加で機材を購入することなく使用することができます。

キックスタンド式
3ポート
3.5mmオーディオジャック

本体背面のキックスタンドを展開することで単体で自立することができます。

また、本体側面にはUSB-C端子が2つとminiHDMIポート、3.5mmオーディオジャックが配置されています。

iPad miniよりも薄い液晶

異次元の薄さ

『JN-MD-IPS133WQHDP』の液晶部分は厚さ9mmという異次元の薄さでiPad mini 6よりもスリムなボディです。

モバイルモニターの中でも薄さはトップレベル
スタンド込みでもiPad miniとほぼ変わらない

私が今までレビューしてきた2枚のモバイルモニターと比べても圧倒的に薄く、スタンド部分を加味しても目を疑う細さです。

JAPANNEXTの技術力の高さが垣間見えるデザインと言えるでしょう。

高解像度で表示領域が広い

表示領域が広い

『JN-MD-IPS133WQHDP』はWQHD+の高解像度であるため表示領域が広い点が魅力的です。

13.3インチのモバイルモニターでありながらAppleの公式サイトを全画面で表示できます。

FHDでは情報量が少なくて悩んでいる人には最適な解像度です。

FHDでも文字がくっきり表示される

WQHD+
FHD

WQHD+は表示領域が広い反面、文字が小さくなってしまうという欠点がありモバイルモニターの小さな画面ではデスクワークでは実用性が高いとは言えません。

そのため、あえてFHDに解像度を落として利用するシーンの方が多くなるのが実情です。

WQHD+
FHD

解像度を下げると文字が荒くなることを嫌う方も多いと思いますが、『JN-MD-IPS133WQHDP 』ではFHDであってもWQHD+と比較しても文字がくっきりと表示されるので素晴らしいです。

文字が綺麗に表示されると作業が長時間に及んだとしても目の疲れが軽減されるのでディスプレイの品質の高さは好印象です。

縦置きにも対応していて情報量がよりアップ!

縦置きに対応
圧倒的な情報量

『JN-MD-IPS133WQHDP』は縦置きに対応しているので公式サイトを閲覧する際の情報量が圧倒的である点も見逃せません。

横置きでは画面の角度を調節できない点が難点でしたが、縦置きでは自由に角度を調整することが可能です。

inoccnの『PU15-PRE』スタンドケースを利用するタイプのモバイルモニターでは物理的に縦置きができなかったりするのでキックスタンドの機構を上手く活用された使い勝手のいい製品です。

カフェの狭いデスクでも利用可能

モバイルモニターで縦置きができる最大のメリットはカフェの狭いデスクでもストレスなく利用できる点です。

どうしても一人席に案内される確率の高いカフェでも気軽にデュアルディスプレイ環境を構築できる快適さは一度使うと病みつきになります。

電源なしでも利用できるのが便利

モバイルモニターの中には常にコンセントからの給電が必要な製品もあったりしますが、『JN-MD-IPS133WQHDP』はパソコンからの給電でも問題なく駆動できます。

バスパワーでも最大輝度に設定可能

また、パソコンからの給電では輝度が制限される製品が多い中で輝度を最大に設定できる点も使い勝手が良いポイントです。

デフォルトの明るさでも十分に明るいですが利用する環境に応じて輝度を自由に調整できることはありがたいですね。

設定ボタンが使いやすい

直感的に使いやすい
真ん中のボタンがよくわからない

『JN-MD-IPS133WQHDP』の各種ボタンは直感的に分かりやすいデザインになっているだけでなく、ディスプレイの前面に配置されているので操作しやすい点が好印象です。

私が今まで利用した2枚のモバイルモニターの設定ボタンは良くわからないデザインかつボタンが側面に配置されているので直感的に操作しやすくはありませんでした。

特に輝度の調整はOSDメニューを開いてからしか調整できなかったので『JN-MD-IPS133WQHDP』のように物理ボタンを押すだけですぐに調整できるユーザーフレンドリーな設計が気に入りました。

『JN-MD-IPS133WQHDP』は理想のモバイルモニター

使い勝手が良すぎる

『JN-MD-IPS133WQHDP』のメリット

  • 圧倒的な薄さ
  • コンパクトで軽い
  • WQHD+解像度
  • ディスプレイの発色も良好で文字もくっきり表示
  • ケースなしで自立可能
  • 縦置き対応で狭い机でも利用可能
  • 直感的に輝度を操作できる
  • 電源なしでも利用可能かつ最大輝度に対応

『JN-MD-IPS133WQHDP』のデメリット

  • 持ち運びケースがついていない
  • 薄すぎて圧力に弱そう

『JN-MD-IPS133WQHDP』は私が今までに利用したモバイルモニターの中でもトップクラスに使い勝手のいい製品でした。

縦置きができるのでデスクを選ばずに利用可能でディスプレイ品質も高い点が好印象です。

一方でディスプレイが薄すぎてカバンの中にそのまま入れると圧力で割れるリスクが高いので保護性能が高いケースは別途用意が必須です。

外出先でのデュアルディスプレイ環境の構築はそれなりに試してきましたが、車内では『Tri-Screen』,車外では『JN-MD-IPS133WQHDP』の使い分けがベストかもしれません。

Yotchan

Apple TVでの利用にも最高でした!

機材貸与:株式会社JAPANNEXT様(https://jp.japannext.com

ガジェット好きはこちらも必見!

株式会社JAPANNEXTとは

会社名株式会社JAPANNEXT
本社〒298-0134 千葉県いすみ市行川506-5
東京営業所〒101-0021 東京都千代田区外神田1-9-9 内田ビル4F
公式HPhttps://jp.japannext.com
カスタマーサービス050-5433-5533 / support@japannext.net (定休日:土日祝)
設立年月日平成18年03月
代表取締役ベッカー サムエル
資本金9900万円
取扱商品液晶モニター エレクトロニクス製品

株式会社JAPANNEXT高品質な液晶モニターを製造販売している日本企業です。

高解像度ディスプレイや高リフレッシュレートなゲーミングモニター、大型曲面ディスプレイなど高い技術力を要求される製品からビジネスユースに最適なディスプレイやモバイルモニターなど幅広い製品ラインナップを揃えている貴重なメーカーです。

あわせて読みたい記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次