スマホで撮影した皆既月食の写真【Xiaomi 12S Ultra】【vivo X70 Pro+】

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日はスマホで撮影した皆既月食の写真を紹介したいと思います。

正直、スマホの限界を感じた体験となりました。

目次

11/8の皆既月食を撮影!

使用機材

  • Xiaomi 12S Ultra:望遠静止画要員
  • vivo X70 Pro+:固定タイムラプス要員
  • vivo X Fold:星空要員
  • その他三脚等

今回の皆既月食は3台のスマホと2つの三脚を用いて行いました。

出張の移動中に月蝕が始まる時間が迫ってきたので路肩に停めて2時間ほど粘る不審者スタイルでの撮影です。

使用した三脚は以前紹介したEX miniでかなり使い勝手がいいのでおすすめです。

撮影した写真

30倍に落とすと少しマシに
星も写してみた
一番模様が綺麗に映った写真
元通り

今回、皆既月食を撮影していて痛感したことはスマホのスーパームーンモードは皆既月食では何の役にも立たないということです。

月明かりが暗くなると月に焦点を当てても認識されず、重なって赤くなっている時は朧げな形しか写りません。

Twitter上で見かけたら一眼での作例と比較するとハナクソみたいなものなので、普段どれだけ綺麗に撮れても所詮はスマホですね。

X70 Pro+で撮影したタイムラプス

こちらはX70 Pro+を海岸線に2時間固定して撮影したタイムラプスです。

月蝕で暗くなるにつれて月の色が赤くなり、多少鮮明になっていることが確認できました。

残念ながら望遠でタイムラプスができなかったので月が遠くはなりましたが、結構動いたので広角で良かったかもしれません。

一眼と比べると見劣りはするもののスマホでこれだけ撮れたら十分ですね。

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次