完全ワイヤレスイヤホンを複数持ちする理由と使い分け-イヤホンの2台持ちも全然あり!

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Yotchanです。

本日は私が複数の完全ワイヤレスイヤホンを所有している理由を紹介したいと思います。

それぞれに強みがあるので手放し難いんですよね。

目次

定価ベースで13万円分のワイヤレスイヤホンを愛用中

  • AirPods 3:2.3万円
  • WF-1000XM4:3.3万円
  • Momentum True wireless 3:3.9万円
  • HA-FW1000T:3.9万円

現在、私が愛用している完全ワイヤレスイヤホンは上記の4台で定価ベースの合計金額はお高い有線イヤホンでも余裕で手が出せる13万円です。

これら以外にもAirPods Maxや有線イヤホンが2つあるのでイヤホン・ヘッドフォンだけでもかなりの数を所有しています。

特に、一台あれば十分な完全ワイヤレスイヤホンを4台も持っているのは一般にはなかなか理解し難い感覚だと思うのでその理由について少しお話ししていきたいと思います。

私の完全ワイヤレスイヤホンの使い分け

メリットデメリット
Momentum True Wireless 3音質◎
アプリの操作性
マルチポイント非対応
LDAC非対応
WF-1000XM4音質○
マルチポイント対応
DSEE Extreme搭載
LDAC対応
イヤーピースの耐久性
AirPods 3空間オーディオ対応
Appleデバイスでの連携
音質△
AACのみ
HA-FW1000T音質○LDAC非対応
マルチポイント非対応
操作性・アプリなし

現在、私が所有している4台のワイヤレスイヤホンの評価はこのようになっています。

それぞれに一長一短があるので用途に応じて使い分けているのが実情です。

Momentum True Wireless 3の用途

先日発売されたMomentum True Wireless 3の音質は非常に高く満足しているものの、高音質コーデックがLDAC非対応でAptX AdaptiveのみのためGalaxyではフル活用できない点が難点となっています。

現状、手持ちのAptX Adaptive対応スマホが操作性やUIでGalaxyに劣るXperiaのみということもあって、Momentumを外で使用する際には持っていくスマホが一台増えてしまうのがネックです。

iPhoneで使用する際にはDSEE Extreme対応のWF-1000XM4の方が使い勝手がよかったので、どのジャンルの楽曲もイイ音で聴ける一方でポテンシャルを発揮できるデバイスが少ない点がデメリットであると感じています。

マルチポイントにも非対応なのでデバイスの切り替えは手動で行う必要があるのでXperia以外では使う気がしないのが実際のところでした。

HA-FW1000Tの用途

Momentum True Wireless 3購入以前はVictorのHA-FW1000Tを最も愛用していました。

私が10年前から虜になっているWOODシリーズ初の完全ワイヤレスイヤホンでクラシックやゲームのサントラなどの楽曲はMomentum以上に美しい音を奏でるので手放せません。

こちらもMomentum同様に高音質コーデックがLDAC非対応でAptX Adaptiveのみでマルチポイントにも非対応なのでXperia以外では使っていません。

WF-1000XM4の用途

WF-1000XM4は後発のハイエンドイヤホンと比較すると音質で多少見劣りしますが、使い勝手が一番いいのでイヤホンをどれか一つしか持っていけない状況であればこれを選びます。

マルチポイントに対応しているので複数台持ちでも使いやすく、LDACに対応しているのでGalaxyでも高音質に楽曲を試聴できたりXperiaではDSEE Ultimateを適用することもできます。

また、iPhoneでもイヤホン側に実装されているDSEE ExtremeでMP3音源をアップスケーリングして高音質に試聴できるので汎用性が高い点も見逃せません。

どのスマホを使っても満足できる音で聴けるイヤホンは意外に少ないので今でも非常にオススメなTWSです。

AirPods 3の用途

高音質なワイヤレスイヤホンを複数所持している中で音質で見劣りしているAirPods 3を購入した理由は空間オーディオでの動画視聴が最高すぎるからです。

NETFLIXだけでなくYouTubeでも映画館のような音響で動画を試聴できるので動画を見るのであればこれ一択。

Infuse 7のようにサードパーティの動画再生アプリでも空間オーディオに対応していたりするのでライブ映像をiPadで見る時の試聴体験は他のイヤホンをは一線を画しているので手放せません。

イヤホンを用途に合わせて使い分けるのはアリ!

私のように4台のワイヤレスイヤホンを使い分けている人はそこまで多くないとは思いますが、AirPodsと他の高音質なワイヤレスイヤホンの2台持ちは音に拘りたい人にはオススメです。

冷静になった時に耳が2つしかないのになんでこんなに家にイヤホンがあるんだろうと我に帰ることもありますが、QOLを上げるためのアイテムであると割り切っています。

そろそろイヤホンだけでなくヘッドフォンにも手を出そうかな・・・。

合わせて読みたい記事

[こちらもチェック!] Amazonギフト券を現金でチャージすれば最大2.5%ポイント還元でお得に買い物ができます!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

医療業界に勤めるAppleオタク。毎日11種類ものApple製品を使い分けて日々の暮らしを効率化しています。「手軽に少し、ハイテクな暮らしを」をテーマに皆さんのお役に立てる記事を提供していきたいと思います。レビュー記事のご依頼などはTwitter(@gadget_nyaa)にて承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる